コンビニでのアルバイトの経験

コンビニでのアルバイトの経験 高校生の頃に某コンビニエンスストアでアルバイトをしていました。田舎町にあるあまり大手のコンビニではなかったので、街中にあるコンビニとは少し違った仕事もありました。コンビニの前に数台の自動販売機があり、その自動販売機の飲料水の補充という仕事もアルバイトの仕事としてやっていました。もちろんコンビニ内の飲料水の補充も行っていましたが、自動販売機への補充の仕事の方が頻繁にやっていました。

特に夏場になると近くの海水浴場に向かうお客さんが自動販売機で飲料水を購入するのですぐに売り切れになってしまい、お客さんからクレームを言われる事もあったので夏場の自動販売機への飲料水の補充は頻繁に行わなくてはいけなかったので大変でした。レジはアルバイト1人だけだったので、コンビニ内にお客さんが居ない時間に自動販売機への飲料水の補充をしなくてはいけなかったので店の中と外を行ったり来たりして大変な作業でした。

給料が安いわりに仕事は大変でしたが、自動販売機への飲料水の補充という作業はあまり体験できない事だったので結構楽しみながら行っていました。自分1人で何もかもしなければいけないという事で自然と責任感を持って仕事に取り組み、作業効率を考えながら動き回れるようになっていきました。コンビニでのアルバイトの経験が今の職場でも色々と生かせているので、良い経験ができたと改めて感じています。

Copyright (C)2019コンビニでのアルバイトの経験.All rights reserved.